アニメン!

海影

Author:海影
「ANIME ENTRANCE」へようこそ!
ここは、アニメや映画、ゲーム(主にネットゲーム)をレビューしていくブログです。

サイトについて詳しくはこちら


カテゴリ

リンク

↓相互リンク募集中!↓
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


↑御用の方はこちら↑
最新記事

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

【2016年VRゲームBEST3(個人的な)】2016年はVR元年・・・では2017年は?
[20170117]
VR元年と言われた2016年も過ぎました
皆さんいかがVRってお過ごしでしょうか?

Steamで日々新作VRをチェックし続ける日々をお過ごしの方々、
まだVR購入してない方、
VRに興味ない方、
個人的に面白かった2016年のVRゲームBEST3を発表します!参考にどうぞ!
(3作とも定番中の定番ですがご容赦を)


第三位 Sairento VR


2016年のラストを飾った超新生!既存のアクションゲームと異なり移動方法に”ジャンプ”があったり、ハスクラ要素(武器の収集やスキル上げ)が存在する為、ミニゲームだらけのVR業界に新しい風を吹き込んだ一作。
あえて3位としてますが、ポテンシャルはほかのミニゲームとは次元が異なります。
2016年の最後の月に颯爽と現れ、アップデートを繰り返し、日を増すごとに完成度を増していっている感があります。
値段もそこまで高くはないためまずはやってほしい一作。ただし、他のゲームもそうですが、日本語に対応していないため、
多少の英語力が求められます。スキル関連に関して言えば多少どころではないレベルですが・・・
(http://store.steampowered.com/app/555880)


第二位 Arizona Sunshine

(http://store.steampowered.com/app/342180/?l=japanese)
VRに求められているリアル感、それはなんといっても自由にマップを歩く、銃を拾う、弾を拾う、鍵を拾う、ハンバーグを食べる、手榴弾を投げる、色んなものを取り合えず掴んでみる、投げてみる!!
この動作を実際にプレイヤーが行うことで没入感が段違い。それを証明してくれたタイトルです。
ステージ数も多すぎず少なすぎず丁度いい多さ。難易度選択もあり自分に合ったゾンビ達と戯れられます。
高所に設置されているスナイパーライフルのスコープを”覗き込んで”ゾンビを狙撃なんて事も可能になってました。
ちなみに3面は洞窟の中です。暗いです。めっちゃ怖いです・・・。暗いだけで難易度が数段上がることも証明してくれたタイトルです・・・
ストーリーモードは2人でプレイ可能。ホードモード(ひたすらゾンビを倒すだけ)は最大4人プレイ可能!
4人プレイはそれなりにPCスペックが要求されますのであしからず。
他の俗にいう”新しいゾンビ撃つやつ”とは異なる次元のゾンビ撃つやつです!(笑)
日本語は未対応ですが、英語力なんていりません。主人公の心からの声をニュアンスで感じ取れば問題ないです。
きっと洞窟を出たときの自分の気持ちは主人公のセリフとシンクロします(ガチ)



第一位 RAW DATA

(http://store.steampowered.com/app/436320/?l=japanese)
文句なしで現状最高峰のVRゲームと言えるでしょう。
内容はステージ毎に、湧き出てくる敵を倒しまくるディフェンスゲーム。銃を使うキャラと刀を使うキャラというようにプレイヤーがどのキャラ(武器)を使うか選択してステージをスタートする形式。
クリアするとポイントがもらえてポイントでスキルを覚えていく。2丁拳銃に成ったり、手からフォースみたいなのが出るようになったり。
世界観も面白く、なぜか日本が悪者で、データを奪いに来たんだとかって設定。そういえばサイレントも日本だよね・・・何故日本を目の敵にするの?(笑)
個人的には敵のルックスが無機質すぎるんで怖い。でもコープにも対応しており2人で攻略も可能なので怖くない!
補助装置のタレットで敵を攻撃したり、ゲージがたまったら必殺技が使えたりとただ撃つ、斬る、ワープするだけじゃないスタイル。
また難易度もそこそこ高くある程度頑張らないとクリア出来ない為やりごたえ有り。
こちらもアップデートが随時行われており、プレイキャラが増えたりと今後にも期待ができます。
やはり日本語未対応ですのでお気を付けください。
(でも舞台が日本だからゲーム中はめちゃくちゃ日本語が聞こえるんだよなぁ・・・シンニューシャケー↑ホー↓)



2016年は元年だけありSTEAMでは非常に多くのゲームが出現しました。
2017年も頑張っていただきたいところです。
「Fallout 4」のVR版はめっちゃ期待してますので!
スポンサーサイト
2017-01-17(Tue) 23:06 未分類 | TB(0) | コメント:(0) | 編集 |

コメント:
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
⇒ http://animeentrance.blog.fc2.com/tb.php/57-a34ed9e8

HOME

copyright © 2017 海影 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
【常設展示物コーナー】(大人も無料)
これが新しいPSO2の形…アニメと連動しついに地球が戦いの舞台に!!EP4配信中!! 新たなるゲームの概念がその産声を上げようとしている…願わくば、ゲームの新たなる夜明けとならんことを… ▼ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM 特設サイト http://www.vrmmo-project.jp/ スクエニの新作PCオンラインゲーム「フィギュアヘッズ」 さぁもっともっと課金するのです。僕がグラブルのアニメを見れるようにもっと金を、お金を貢のです!! おぉ…この曲をナンバリングタイトルで再利用するかっ…変態どもがっ!!(FF14)

ネットゲーム
C9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。